麺へのこだわり

HOME / 環境管理

製造環境 室内は年中、温度・湿度が一定。製造環境は麺づくりを左右します。

高齢化・健康志向を背景に、体に優しい麺づくり。

ライン全体 人口動態がますます高齢化に向けてシフトしている昨今、中華料理店やラーメン専門店をはじめとする外食産業に求められているのは、味わいや見た目の美しさはもちろん、より健康的で体に優しい「食」であること。小さなお子様から高齢者の方までが、安心して食べられる麺の開発こそ、これからの重要なテーマです。
太陽食品では、このような健康時代をしっかり見据え、防腐剤など体に有害な添加物を使用しない自然志向の麺づくりをモットーに、思いやりの心を機械による大量生産のプロセスにも採り入れ、職人が手作り麺と何ら変わらない安心できる体に優しい麺を製造しています。

システムによる環境管理

見学室

日本には、四季があり季節の変化により湿度・温度等の変動が起きます。これらの気象変化は製造工程に大きな変化をもたらせます。安定した品質の追求は一定した環境があってこそ、環境をシステム管理しブレの少ない製品づくりを行っております。
 あえて機械まかせ。衛生保持のため、機械による自動システムを採用し、手が触れることを極力無くすことで雑菌などの付着を防ぎ、より清潔で衛生的な環境を実現しています。

見学室

工場の入口には、クリーンルームを設置し場内への雑菌の侵入を防ぎ、品質向上の徹底管理をしています。

ページのトップへ戻る